中間処理施設

焼却

廃棄物を焼却処理。サーマルリサイクルも推進。

焼却炉は、産業廃棄物の減容・減量化及び安定化、無害化するための設備です。ダイオキシンの発生を防止するため、つねに約850度以上の火力で廃棄物を完全燃焼しています。焼却灰は最終処分場に埋立処理されるほか、一部は路盤材としてリサイクルされています。

多岐にわたる廃棄物を処理する1号焼却炉

1号焼却炉では、汚泥、廃液、廃プラスチック、廃油など、多岐にわたる廃棄物が処理できます。ロータリーキルンを回転させて廃棄物を移動させながら焼却。さらに多段炉で二次焼却することで廃棄物を完全に処理します。また、ドラム缶を直接投入して、内容物を焼却することも可能です。焼却後、ドラム缶はリサイクル資源として再利用されます。
また焼却炉の運転には、省エネ対策として廃油を助燃油として利用しています。さらに焼却炉では廃ガスの熱を活用。蒸気として熱回収し、濃縮装置の熱源、排水処理施設の水温調整に利用することでサーマルリサイクルを行っています。

濃縮

廃液を濃縮して減量

KECでは、焼却処理の効率化を図るため濃縮装置を導入しています。この装置では廃液を焼却炉の廃熱を利用して濃縮させ、減量化した上で焼却炉に投入します。