CSR

CSR(企業の社会的責任)

【コンプライアンス】

コンプライアンス運営について

KECグループは、全役職員がコンプライアンスの意識を持って企業活動を行う風土を定着させるため、株式会社ケー・イー・シー代表取締役社長を委員長とするコンプライアンス委員会を組織するとともに、社内にCSR室を設け、コンプライアンス意識の高揚と業務における実践を促進する活動を行っています。
定期的にコンプライアンス委員会を開催し、勉強会や研修会の計画、ルールの改善などについて協議しています。万一、コンプライアンス違反が起きた場合は、速やかに事務局へ報告する体制を構築しています。日常業務においては、各部署の役割と責任を明確にする中で、独自に作成したコンプライアンス管理規程とコンプライアンスマニュアルを全役職員に周知しています。

コンプライアンス基本原則

  • 私たちは、産業廃棄物の処理及びリサイクル企業として、基幹的役割を果たすとともに正常な商慣習と社会倫理に
    適合した企業活動を行います。
  • 私たちは、あらゆる業務において、関係法令およびこの規範を始めとする社内規程を常に遵守し事業活動を行います。
  • 私たちは、すべての取引先との間で、誠実で公正な取引を行います。
  • 私たちは、業務上知り得た社内およびすべての取引先の情報を厳正に管理し漏洩や不正使用を行いません。
  • 私たちは、会社資産を大切に扱い、会社の利益を害して自己又は第三者の利益を図る行為はしません。
  • 私たちは、あらゆる人の基本的人権を尊重します。
  • 私たちは、反社会的勢力とは関わりを持たず、その脅威に屈しません。
  • 私たちは、安全かつ働きやすい職場環境づくりに努めます。
  • 私たちは、コミュニケーションを大切にお互いに信頼できるチームワークの良い明るい職場を築きます。

コンプライアンス体制図

コンプライアンス体制図

【環境方針】

1.基本理念

当グループの企業理念に基づき、地球環境に配慮した産業廃棄物の処理方法を追求し、企業活動を通して社会に貢献します。

2.基本方針

当グループは産業廃棄物の収集運搬、中間処理、最終埋立の適正処理を進める上で、環境に対する影響を絶えず考慮し、各種廃棄物に最適な処理を行います。また、環境パフォーマンスを向上させるための環境マネジメントシステムの継続的な改善を行い、以下の項目について重点的に取組みます。

  1. 1)全社員が環境保護の観点に立ち、省エネルギー、省資源、地域貢献活動、地球温暖化防止活動、気候変動の緩和及び適応、汚染の予防、法順守、及び事業の発展を考慮した上で環境目標を定め、環境負荷を低減します。又定期的な見直しを行い、維持改善に努めます。
  2. 2)グループ全体の事業活動とISO活動の一体化を図り、事業発展・改善と更なる環境負荷の低減の両立を目指します。
  3. 3)組織に関わる法規則及び協定等を順守します。また、利害関係者からの要求事項の内、組織が決定した順守義務となるものを順守します。
  4. 4)この環境方針を当グループ全従業員、及び当グループ関係者に対し周知徹底し、ホームページ等に掲載することにより、一般の方々にも公開します。

2019年2月19日改訂

ケー・イー・シーグループ
株式会社ケー・イー・シー クリーン開発株式会社

代表取締役社長三浦 洋次

【環境マネジメント(ISO14001)】

2007年よりISO14001の認証を取得、2017年よりISO14001:2015での認証を取得し継続更新中です。
認証範囲については下記の登録証(写し)をご確認ください。

tourokushou180927
fuzokusho180927