環境と安全に対する厳格な管理体制を維持する。安全と環境に配慮した埋立 管理型最終処分場 《クリーン開発:愛知県瀬戸市》

環境保全に配慮した、厳格な管理の元で業務を遂行する管理型最終処分場。
埋立後も浸出水の浄化処理を継続的に実施しています。

クリーン開発が管理・運営する最終処分場は、ISO14001及び優良産廃処理業者認定制度の「優良認定業者」(普通・特管)として愛知県の認定を受けた日本屈指の規模を誇る「管理型最終処分場」です。
埋立品目は、汚泥・鉱さいなどのほか、特別管理産業廃棄物である「アスベスト」の埋立処理も行っております。

3つの特徴

安全、環境、地域に対しての企業責任。

クリーン開発が管理、運営する最終処分場は、安全性の強化、環境保全、地域社会との共生を実現するため、先進の工法、設備を採用しています。

埋め立て地に、浸出水処理施設を併設

埋立完了後においても、継続して放流基準を充たすまで浸出水の浄化処理を行い、安全対策に万全を尽くしています。こうした取り組みは、地域住民の皆様、行政・金融機関、排出企業様などステークホルダーの皆様より高い評価を頂いており、引続き安全・安心を第一に、環境保全に配慮した厳格な業務運営に努めてまいります。